猪苗代町は、周囲を山で囲まれ山菜の宝庫です。春から秋にかけて様々な山菜を採取できます。近所の方々や、お客様からゆずりうけたりする事もしばしばで、とても助かっております!。
  まるひ蕎麦では、地元の山林で採れた新鮮な山菜を天ぷらにしてお出ししております。


ふきのとう:(3月下旬〜5月上旬)
地元の山林で採れた新鮮なふきのとう
3月から5月に採取します。地元の標高差を利用して、山菜としては比較的長期に採取できます
ふきのとう:
雪が解けたところを歩いて採取します。目立つのですぐわかります
コシアブラ:
地元ではあぶらっぽともいいます。とてもおいしい山菜です
コシアブラ:
少し小さめのコシアブラですが、山菜の香ばしさが、凝縮された山菜です
クレソン(カワナズナ):(春から初冬)
わさびの香りがする山菜。水のきれいな場所でしか採取できません。主に裏磐梯方面で採取できます
山葡萄の新芽(6月中旬から7月下旬)
夏に採取します。ぶどう特有の酸味が味わえます
山葡萄の新芽:
つるの先のほうを採ってきます

タラの芽の木(GW前後)
山菜の王様(と思う)
見つけるとうれしい
こごみ:(5月)
近所の方に分けていただきました。感謝!
ミズナ:(6月)
おしんこに使用します。
アカシヤの花(5月下旬〜6月上旬):
天ぷらの食材です。磐梯山麓で採取しました。ほのかにジャスミンの香り
フキ:(6月上旬〜7月)
フキの採取風景。勾配がきつい場所での採取